S技研 復興? 2

  • 2015.01.24 Saturday
  • 18:15
さて、次男が会社を継ぐことになって、社長に就任。従来の顧客を集めて、就任挨拶を兼ねて説明会を開いた。

そこで拡張高く高らかに説明されたことは、

1.S技研は無借金企業である。

2.本社は自社ビルである。

超優良会社ですね。 笑


過去記事を読まれた方は「おかしい」とピ〜ンと来られたと思うが、

S技研は、比較的業績のいいとき、「株式を公開」すると称して、銀行やら証券会社から資金を調達し、同時に、従業員に株式を引き受けさせた。

http://boyakigoto.jugem.jp/?eid=37

私は、比較的早期に退職したので、幸運にも規定の退職金を手にすることができたし、購入した株式は買い戻してもらうことができた。

が、私の退職後、業績は更に悪化し多くの従業員が解雇され、しかも規定の退職金は「ちょっと待ってくれ…」ということで支払わなかった。今日現在いまだに支払われていない。手持ちの株式も買い戻してもらっていない。そのお陰で人生を狂わされた従業員も数多かったです。

http://boyakigoto.jugem.jp/?eid=40

銀行からの借入金は返済できずに、「債権回収機構」に売り渡され、それも返済できずに、本社ビルは競売に掛けられた。それは、社長のSt氏の嫁の実家が落札して、そこから賃貸する形で、表向きは何事もなかったかのように、事業を継続した。

http://boyakigoto.jugem.jp/?eid=48

これは、当時から「偽装」ではないか?と疑惑を呼んだものです。もちろんその頃は借金が返せないほどの業績不振でしたが、以前には景気のいいときもあり、その時は数億円単位の「使途不明金」を税務署に指摘されたこともありました。「社長(S.t氏)が韓国に持って帰って隠し資産にしてるのだろう」と、社員たちはささやいていました。

http://boyakigoto.jugem.jp/?eid=11

今回の落札劇は、実際には、その当時韓国に持ち帰ったSt氏の隠し資産が還流され、実家を迂回して落札資金にされたのではないか?と疑惑を呼んだものです。

まあ、それは証拠も無いことですから、疑わしきは被告の利益ってことで、善意に解釈しましょう。どっかから資金を集めてきて本社ビルを嫁の実家から買い戻したことにしましょう。

今回のことは、退職金ももらえずや株式の買い戻しも受けられず放り出された従業員たちは、一切知らされてません。退職金のことは、多くの従業員の人生を狂わせたが、自殺者が出たわけでもないし、もう時効だし、無かったことにしようと…、こう開き直ることも可能かもしれません。あの一族ならそう考えたのかも知れません。沈む船から船長だけが無傷で逃げ出すイメージが浮かびあがります。

普通の責任感ある人間には思いもよらないことですけれど…。

それはそうとして、株式には消滅時効は無いでしょう。社長(取締役)を選任するのは株主総会の議決時効です。規定の退職金も払わず、株式も買い戻さず解雇した従業員は、当然まだ株主です。株主総会も招集されず(少なくとも、元従業員たちには通知されずに)次男を社長に指名したってことですよね?

このような理不尽なことも、この一族にかかると、ごく普通の風景に見えてしまうのが不思議です。

S技研 復興?

  • 2015.01.19 Monday
  • 00:04
さて、S技研は何とか細々と行き続けてきたようだが、
僕は「実質上は死んだ会社」と思っておりました。

そんな僕が不明を恥じる展開になってきました。

S技研の製品は、購入して即消費するようなものではなく、生産財といわれるものである。一旦S技研の製品購入した顧客は、10年〜20年にわたって、その製品を使用して、経済活動を続けていく。したがって、メンテナンスが必要であり、そのメンテナンスはS技研に頼らざるを得ない。日本全国に広がるS技研の顧客は、固唾を呑んでS技研の動静を注目していた。(別に、あらたに製品を購入するという気はほぼ無いが、購入済みの製品のメンテナンスのためにS技研を必要としていた)

そのS技研、創業者St氏の長男Sj氏、しばらくは新製品の開発などいろいろ努力していたが、先行きを悲観したのかS技研を退社、他の会社のサラリーマンになってしまいました。S技研で技術(メンテナンス)をこなしてきた従業員も整理解雇され、他の会社に転職してしまった。残るは、奥様のS女史とパートのおばちゃん。自社製品のメンテナンス要請にも応じられない状況になってしまいました。

で、僕はこのまま閉店(自然消滅)か…と思っていたのですが…… 異変が起きました。

長男のSj氏が退社した約1年後、次男のSm氏が入社してきて、社長を引き継ぐことになった。

創業者のSt氏、新社長のSm氏、日本全国に散らばる顧客を集めて説明会を開いたのだが、その説明書に僕は心底からびっくりしてしまった。人づてに入手したその説明書には次のような文句が踊っていた。

1.S技研は無借金企業である。

2.本社は自社ビルである。


JUGEMテーマ:在日特権


S.y商事の現在

  • 2014.08.23 Saturday
  • 11:43
JUGEMテーマ:在日特権
 

日本では、中国などとの競合により、その業界は縮小しつつあった。採算が立たないとか後継者がいないなどの理由で廃業する工場も多々あった。その際、工場設備が売りに出されることがよくあった。

ある工場が廃業する際、工場設備一式が売りに出された。国内の取引先Z氏から、「売り先を探してくれ」と依頼を受けたS.y氏は、ある商社(Y社)を通じて海外の工場に販売することに成功した。

中古機械一式はY社が現金で仕入れて輸出した。代金を回収後、廃業する工場に代金を支払った。S.y氏にはあらかじめ決めた手数料を支払った。総額一億円とも言われる案件であった。中古機械の仕入れ代金はそれに比べてかなり低いので、S.y氏も、Y社も相当儲かったらしい。

おっさんのつぶやき

  • 2014.06.07 Saturday
  • 03:06
20:05
S.y商事の現在? http://t.co/OL6rYNoRVA #jugem_blog
  • 0
    • -
    • -
    • -

    S.y商事の現在

    • 2014.06.06 Friday
    • 12:00
    JUGEMテーマ:在日特権

    前回の記事はこちら→ S.y商事の現在

    通常の取引であれば、

    当然、「詐欺」で告訴される事案と思われるが、

    在日韓国人の兄弟同士ということもあって、

    なにかうやむやの中で、警察沙汰にはならなかった。

    S技研のホームページには、

    S.y氏はS技研の従業員のような顔をしてお客と契約しているが、従業員ではありません。」

    という、「控えめな」告知がされていた。

    また、S.y商事は、日本国内の中古機械を海外に販売することがあった。

    S技研在職中、および、独立してからもS技研、S.kテクノの製品を販売する過程で、

    海外のその業界とつながりがあったから自然そういう話がくることもあった。



     

    ブログランキングに参加しています。ぽちっとよろしくお願いします。


     

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 シニア日記ブログ 自分史・自伝へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 その他日記ブログ 思い出・過去へ
    にほんブログ村

    おっさんのつぶやき

    • 2014.05.31 Saturday
    • 03:06
    20:20
    S.y商事の現在? http://t.co/sSQItx991w #jugem_blog
    • 0
      • -
      • -
      • -

      S.y商事の現在

      • 2014.05.30 Friday
      • 12:30
      JUGEMテーマ:在日特権

      前回の記事はこちら→ S.y商事の現在

      製品を納入したあと、お客からは代金を受け取る一方、

      S技研には色々理由をつけて代金を支払わないということが多々あった。

      S技研自身は、海外では自社の営業能力がほぼ無い
      (アジアの代理店は、S.y氏がS技研の部門長と信じている。
      S技研は語学力の問題もあってか、新しい状況を代理店に的確に説明できない。
      またソフト関係は、Mプロ社に代理店をうばわれてしまっている。)

      こともあって、そして、社長と兄弟同士ということもあって、

      あまり強く支払いを要求しなかったようである。

      未払い金は溜まっていき、S技研の資金繰りはますます悪化していった。


       


      一時期、S.kテクノの製品を、同じやり方で販売しようとした。

      S.kテクノの社長(S.k氏)はS.y氏の弟である(韓国の伝統的な考えでは、弟は兄に逆らえない?)。

      S技研の場合と同じく、お客からは代金を受け取る一方、S.kテクノ社にお金を支払うことはなかった。

      数度の取引の後、さすがに、S.k氏はS.y商事との直接取引は断るようになった。

      それからは、S.y氏はS技研を通じてS.kテクノロジーの製品を調達すようになった。

      商売は、S.kテクノロジー→S技研→S.y商事→海外代理店→お客と行われた。

      が、製品納入後、支払いの方はお客→S.y商事で止まってしまうのが常であった。

      S技研は代金を受け取れない。が、S.kテクノには代金を支払っていたようである。)


       

      ブログランキングに参加しています。ぽちっとよろしくお願いします。


       

      ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 自分史・自伝へ
      にほんブログ村
      にほんブログ村 その他日記ブログ 思い出・過去へ
      にほんブログ村

      おっさんのつぶやき

      • 2014.05.24 Saturday
      • 03:06
      20:58
      S.y商事の現在? http://t.co/v14yqJBXp3 #jugem_blog
      • 0
        • -
        • -
        • -

        S.y商事の現在

        • 2014.05.23 Friday
        • 12:00
        JUGEMテーマ:在日特権
         

        S.y商事は、S技研の社長の次弟が独立して創業した会社である。

        過去記事はこちら→         S.y商事 我道(詐欺道?)を行く

        S技研在職時、国内、アジアで営業を仕切ってきた。

        独立後もその頃の人脈を生かして、電子機器やソフトの販売をおこなった。

        特に、韓国、中国、アジアに強かった(というか、日本国内ではほとんど相手にされなかった)。

        仕入先は、S技研やS.kテクノロジーであった。ある意味、現役時代と何も変わらない…、スタートであった。

        というか、まるで自分の立場が変わっていることを自覚していないのかのように振舞った。

        お客、特に国外(アジア)の客に対しては、あたかも、以前同様S技研の部門長であるかのように活動した(と、S技研のホームページは告発している)。


        登場人物たち 普通とちょっと違う?

        勝手に値段を決めてS技研の製品の販売し、その価格に合わせて仕入値を決め、S技研に発注した。

        ここまでは、まあ、メーカーvs商社の力関係によっては、世間によくある話かもしれない。

        しかし、S.y商事はそれにとどまらなかった。

        ブログランキングに参加しています。ぽちっとよろしくお願いします。



         

        ブログランキング・にほんブログ村へ
        にほんブログ村
        にほんブログ村 シニア日記ブログ 自分史・自伝へ
        にほんブログ村
        にほんブログ村 その他日記ブログ 思い出・過去へ
        にほんブログ村

        おっさんのつぶやき

        • 2014.05.17 Saturday
        • 03:06
        19:41
        M氏・メンタリティーの違い http://t.co/okBUEBSSFZ #jugem_blog
        Check
        • 0
          • -
          • -
          • -

          calendar

          S M T W T F S
           123456
          78910111213
          14151617181920
          21222324252627
          28293031   
          << August 2016 >>

          selected entries

          categories

          archives

          recent comment

          links

          profile

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM