言葉が軽い 約束が守れない

  • 2013.07.02 Tuesday
  • 12:22
 S技研は、そのころようやく実用化されつつあったパソコンを使って、今まで手でおこなっていた作業を自動化しようというものです。発想はよかった、タイミングもよかった、時流に乗って、従業員30人ほどの会社に成長しました。

業界は、今では超斜陽産業です。でも、その当時はバブルの余韻もあって、また、今で言うIT化ということで、零細企業が多い中でも、時流に遅れまいとそこそこの設備投資があって、S技研もそこそこ潤っていました。一部上場企業も参入してきたり、逆に、ここからスタートして一部上場企業になったところもあったりで、草創期の競合社は賑やかな顔ぶれでした。

S技研で、私が疑問に思ったこと。それは品質とか納期がいい加減なこと。今までに無いものを産み出していく過程なので、思わぬハプニングが発生したり、なかなか予定通りにいかないことも、当然、多々あります。その辺を割り引いて考えても、私がそれまで在籍していた会社に比べて、「言葉が軽い」「約束が軽い」。

納期が迫ると、「未完成」「未テスト」の製品を出荷することがよくありました。当然、お客様のところで問題が発生する。そのたびに呼び出されて修理…、その繰り返しで、半年から1年後にようやくそれらしい製品に仕上がる、ということが結構多かった。ちゃんと仕上げてから納品すれば、修理に呼び出されることも無く効率的、もっと儲かったとおもうけれど…。第一、お客様との約束を守れないって、商売する資格が無いと、前の会社では教わったけどS技研の社風はその正反対。

納品した製品も、ミスとか結構多かった。お客様はそのおかげで、大量の不良品を生産したり、納期を守れなかったり、莫大に修理費用を負担しなければならなかったりと、お客様は大変な苦労をされたと思います。そうは言っても、一旦IT化したものは、昔の手作業には戻れないので、使い続けられます。

まあ、トータルで言えば、お客様の役に立っている?結果オーライ?だけど、なんか、ビジネスらしくないビジネスだなぁと常々考えさせられました。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM