マルハン

  • 2014.05.14 Wednesday
  • 16:49
マルハン、パチンコ屋、創業者は韓昌祐氏。韓昌祐(別名:西原昌佑)氏は、1945年(戦後)、敗戦のドサクサに紛れて、日本に密航、密入国したらしい。その後不正に日本の永住権を取得…

韓昌祐

ここまでは、私が「うっかり」入社した、在日韓国人系企業、S技研社長S.t氏の父親、Sf氏と経歴が瓜二つです。

もっとも、韓昌祐氏は、今や資本金100億円、年商1兆円超の大企業の社長、日本に帰化し日本国籍を取得しているようです。片や、S技研は、事業に失敗、債権回収銀行から本社敷地・建物の競売を競売にかけられ、社長の嫁の実家が落札し、表面上、何事もなかったように営業を継続していますが、従業員もほとんどいない幽霊会社のような実体です。

http://boyakigoto.jugem.jp/?eid=48

ソフトを開発した息子もサラリーマンとして、他の会社に勤めており、お客様のメンテナンス要請には「ソフトのメンテナンスはできない」と公言しているようです。

http://boyakigoto.jugem.jp/?eid=47

それでも、新規の注文があれば、ソフトを販売するという、意味不明な経営をしております。遠路はるばる、タイにまで販売しておりました(笑)。メンテナンスを依頼されてもメンテナンスできないソフトの販売…、楽な商売ですね。

さて、今日のトピックは、S技研ではなくて、マルハン。

資本金100億円、年商1兆円超の巨大企業にまで成長したのであるから、当然、社会的責任もあれば、企業としての体面もある。目の前の利益を我慢してでも、社会的貢献をしなければならないときがある…、と私は思ったのですが…

在日韓国人の会社にそれを求めるのは無理なことがわかりました。

「5年間はパチンコ屋を作らない」「5年以内にパチンコ屋以外の施設を作る」という条件で、大阪市のフェスティバルゲートの跡地を購入したが、約束を破棄、結局、パチンコ屋を作るようです。もうすぐ5年が経つので、「5年間はパチンコ屋を作らない」はクリアしたのかもしれませんが、「5年以内にパチンコ屋以外の施設を作る」は全く無視されました。

ここはパチンコ屋業界のイメージアップのため、あるいは、自社のブランド力アップのため、あるいは、在日同胞のイメージアップのため、目先の利益を捨てても社会貢献するのが、業界のリーディングカンパニーの取るべき道じゃないのかなぁ〜?普通の日本人の会社ならそうしますよね?こんなとこで、在日韓国人の無責任さを宣伝してどうするのよ、マルハンさん。

大阪市も甘かったようで…。でも、マルハンは在日企業であることはみんな知っていたことですから、大阪市もそれを承知の上で契約したのだから仕方ないかな…

S技研の場合は…
社長のS.t氏は日本風の通名を名乗り、日本風の名前で会社を作っていますから、つい勘違いしてしまうんですよ。私も、うっかり入社してしまいました(笑)。多くのお客さんも、普通の日本の会社とは違うメンタリティーに遭遇して、さぞや戸惑われたことでしょう。(大変、申し訳ございませんでした)

S技研からソフトやお客を持ち出して設立したMプロ社も、日本人風の通名を名乗っています。

http://boyakigoto.jugem.jp/?eid=53
http://boyakigoto.jugem.jp/?eid=54

日本風の会社であっても、日本に対する思い入れは、普通の日本人とは違うようで…

http://boyakigoto.jugem.jp/?eid=56
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2014/05/14 9:29 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM