メモリが足りない! お客様大迷惑

  • 2013.07.17 Wednesday
  • 13:08
 当時メモリーは非常に高価だった。1M(メガ)1万円以上!100Mのメモリーを積もうとすると、メモリーだけで100万円以上!今なら、4G(ギガ)、8Gくらい、普通に積んでいます。価格も、8Gで6、600円!

http://kakaku.com/item/K0000320521/

S技研のソフトでは必要なメモリーは表示したいサイズ、色数に比例する。したがって、最初の仕様打ち合わせで、どれくらいのサイズで、何色を使うかをお客様と打ち合わせする。

お客様、「これくらいのサイズで、5色使いたい」、「あ、そうですか。それなら、メモリーが200万円かかります。その他のハード、ソフト開発を含めて、800万円かかります…」みたいな感じです。

ところが、計算途中で15色くらいの色を使う必要があることが、受注後判明。お客様としては、当然、「最終的に5色要る」ということであって、途中どんな計算するか、計算途中で何色いるか、そんなことはわからない。当然、競合他社の価格提示は、最終的に必要な色数で計算されるはず。

S技研の場合は、そのままのメモリー容量で、何くわぬ顔で納品したそうです。

メモリーが足りないと、ソフトは意図通りには動かない。いざ使おうとすると、そんなソフト(原因はハードの方ですが)使える訳がない。私の入社前のことだったし、入社後その担当ではなかったので、誰が責任者で、どういう風に対処したのか詳しくはわからない。

回り回って聞いた話では、「お客様の指定した色数でメモリーを実装したので、メーカーの責任ではない」とクレームに応じてくれなかったらしい。正常に使うためにはメモリーの追加が必要で、追加料金を請求されたらしい。お客様は、「それは話が違う」ということで、支払拒否、何年か(4年以上)にわたってクレームになっていました。その間お客様は商売に差し障って、大変な迷惑をおかけしたと思います。

納品後、何年も何年も、延々とクレームがあり、一向に解決されない。私がS技研に在社したのは約4年間ですが、入社前から、退社時までクレームが解決されることはなかった。(私の退社後、解決したのでしょうか?)

一時的に損をしても、お客様に満足していただければ、追加注文もあるかもしれないし、評判が上がって、回り回って他のお客様から受注があれば(バブルの余韻が残っていて、IT化に先を争って投資する時代だった)、【結局は得】と、私は思うのですが…

まして、何億円単位の使途不明金がでるくらい儲かっているときであれば、お客様のクレームに応じない理由なんて何ひとつないと思うんだけれど…

足りないのはメモリーではなく、S技研の知恵だった。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM