粉飾決算 これって詐欺では?

  • 2013.09.11 Wednesday
  • 01:12
従業員にとっては、まったくの寝耳に水で。「株式公開」間近の高揚期から、あれよあれよと言う間に転落していってしまったのですが、S技研の経営者達(S氏一族)には、その内実はわかっていたはず。とりわけ、「株式公開」を主導したTk氏には、こういう結果になることは想定内であったはず。

http://boyakigoto.jugem.jp/?eid=13

資金繰りに窮したTk氏の取った「奇策」は……

税務署からお金を取ることでした。

前年(+前々年?)度はかなりの黒字決算で、多額の税金を税務署に納めてある。それを、修正申告で赤字にすることによって、納入済の税金を取り戻すことでした。

修正申告自体は普通に税法で認められたことです。でも、修正申告(赤字)が本当であったとして、全体の構図を見ると、違った見方ができませんか?

「株式公開」するということで、従業員や頼母子(社外の第三者、在日韓国人たち)から出資を受け入れ、銀行や、証券会社からも有利な条件で融資を受けているんです。それは当然、前年(+前々年?)度を含めて黒字決算が何期か続いているということが大きなポイントだったでしょう?「株式公開」のために、もし、意図的に粉飾決算をしていたのであれば、立派な詐欺でしょう?関係者がみんな「大人の対応」をとって(コトの顛末に気がつかんかった?)事件化しなかったからよかったけれど…。実際に株式公開しなかった(できなかった)から、事件にはならなかったけれど、もし実際に株式公開にまで至っていたら、新聞(全国紙)のトップ記事にでもなりかねない大事件でしょう?

その当時従業員だった僕は何となく「?」の気分だったけれど、今振り返ってみると、「ずいぶんすごいことをやっていたんだなぁ」と思います。こんな「すごい」会社に在籍していたんだと、ある意味感動します。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM