会社分裂? 在日韓国人企業増殖

  • 2013.09.15 Sunday
  • 09:09

顧客である業界がどんどん縮小(斜陽産業)する中で、S技研も低迷状態に陥った。

S技研は、僕の入社頃から、S.y氏(部門長、社長の次の弟)が担当するソフト部門(その下にSEのM氏、プログラマーのKt氏、プログラマーのN氏)と、S.k氏(役員、社長のその下の弟)が担当する電子器機部門(僕もその配下でした)があり、S.y氏、S.k氏、兄弟ながら、仲が悪かった。気質も全然違う。S.y氏は契約を平気で破る、約束したお金は払わない、信頼関係を破壊する(もちろん最終責任は社長である、S.t氏にある)など、私の見る限り、かなり危ない人物だった。以前に述べた、著作権侵害(2重の著作権侵害)事件もこの人の発案だったらしい。

http://boyakigoto.jugem.jp/?eid=15
http://boyakigoto.jugem.jp/?eid=30
http://boyakigoto.jugem.jp/?eid=26

S技研全体は販売が低迷していたが、S.k氏の率いる電子器機部門は、ヨーロッパなど海外市場があり、比較的堅調だった。

兄弟(社長のS.t氏、部門長のS.y氏、役員のS.k氏)間でどんな話し合いがあったのかは分からないが、S.k氏が独立をすることになった。S.k氏が自分の会社で、新しい機構の電子器機を開発しながら、同時に、従来の機種はS技研で販売、S.k氏は引き続きS技研の役員として電子器機部門を率いた。

そういう形で、S技研の分裂が静かに始まった。これ以降、S.k氏の会社(S.yテクノロジー)の本格的稼動、S.y氏の独立(S.y商事)、有力なお客がスポンサーとなって別会社(Aマシナリー)の分離独立、SEのM氏とプログラマーのN氏による独立(Mシステム)など、S技研の分裂と言うべきなのか、増殖と言うべきなのか、そういう動きが続きます。もちろん本体のS技研も、苦しいながら、存続します(S社長の隠し資金が役にたった?)。

http://boyakigoto.jugem.jp/?eid=11

いままで、S技研という、一つの在日韓国人の会社だったが、次々独立してそれぞれが違う個性を持った会社となっていく。ただ、やっぱり、普通の会社と違う(言葉が軽い、約束が緩い)的な傾向がすべての会社に共通してあったような気がします。ちなみに、僕自身も独立して自分の会社を立ち上げることになるのですが、僕自身に染み付いた「S技研的思考」から抜け出すのに、やはり、2年くらいかかったような気がします(お客様、ご迷惑をおかけしました)。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM