退職金も支払わずに従業員を解雇

  • 2013.09.17 Tuesday
  • 09:12
売上低迷の中、分裂含みのS技研であった。

僕はそのころは国内での営業が主体であったが、正直あまり売れなかった(汗)。S技研の従来の客先はS.y氏ならびにその部下の営業マンが担当していたし(言い訳、言い訳)…。要するに、営業マンとして、会社から期待される数値を上げることができなかった。

で、4年間お世話になったS技研を退社することにした。1996年のことでした。後から考えると、僕の退社は絶妙のタイミングだった。退職にあたり、僕は100%出資金(株式)も返還してもらったし、規定通りの退職金ももらった(S技研に感謝)。僕の後に退職した人は、気の毒なことに出資金も返してもらえず、退職金ももらえなかった人が多かったらしい…。

出資金はともかく、老後の資金など、退職金が支払われないというのは退職者にとっては大変な事態だ。日本の法律では、たとえ会社が倒産しようが、賃金や退職金はすべてに優先して支払われるべきものである、と僕は理解している。従業員(それも定年間近の従業員を会社都合で解雇するとき)の生活を考えれば、それを支払わないという経営者の人間性を僕は信じることができない。

会社は、整理回収銀行などから社屋を競売にかけられたりしたが、2013年9月現在、まだ存続している。「後日支払う」と約束された退職金はいまだに支払われていないらしい。

10年間在籍して、定年間際の社員もいる。その人たちの狂ってしまった人生設計をどう考えているのだろうか?

恐ろしい会社である。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM