M氏退社 これって民族差別では?

  • 2013.09.30 Monday
  • 18:17
僕の退職以後のストーリーは、前後関係があやふやになるのですが…


兄弟がそれぞれ独立し、また、Aマシナリーが有力な顧客とともに独立しました。

http://boyakigoto.jugem.jp/?eid=43

S技研に残ったのは、大きく分けて

ソフトA:  Kt氏(退社済)が開発→M氏(SE)、N氏(プログラマー)担当
ソフトB:  社外のK社が開発。S技研がソースを盗用してSp社に開発させる。更にそのソースを盗用して自社開発。

http://boyakigoto.jugem.jp/?eid=15


電子器機A: 役員S.k氏が開発(S.k氏は独立)

の3点です。

今回の主役はM氏。

ソフトAの開発にあたっては、相当な金額の謝礼を支払ってノウハウを社外から教えてもらっている。S技研のSEという立場で、M氏が何週間か出張してノウハウを習得した。その謝礼金はS技研から出ている。出張費も、給料もすべてS技研から出ている。が、M氏は自身の習得したノウハウをS技研の他の人に教えることを拒否、彼個人のノウハウにしてしまった。

http://boyakigoto.jugem.jp/?eid=30

ソフトAは、元は、前任のKt氏の時代はNECのDosで開発された。M氏、N氏が担当時、上述のノウハウを加えて、UnixというOSで開発し直された。

M氏は、ある日、「これからはWindowsの時代であるから、ソフトAをWindows用に開発し直したい。」と提案、この提案は妥当な提案としてS技研で受け入れられた。それで、Windows用ソフト開発用のコンパイラー(ソフトを開発するためのソフト)を購入(当然、S技研が購入)し、プログラマーであるN氏が毎日々々、Windows用ソフトの開発に勤しんでいた、らしい。

約6ヶ月後、SEであるM氏とプログラマーであるN氏は辞表を提出し、受理された。退職するにあたって、M氏の部下だったF氏が後任の担当者になり引継ぎが行われた。6ヶ月間、毎日々々作業していたはずのWindowsソフト、完成していないにしても、結構な量のソースができているはず…である。ところが、そのソースがF氏に(S技研に)一切引き継がれることはなかった。M氏、N氏は、「Windows関係は一切作業していなかった」とバクレたそうだ。後任のF氏は憤って、そう愚痴を言っていました。

普通の会社なら通らない理屈ですよね?会社に帰属するノウハウを私物化、さらに6ヶ月間開発したソースを私物化…。

なのになぜ?

S技研のベテラン(日本人)は、「在日韓国人同士、同胞意識がそうさせるのだろう」と解説してくれました。まじめに働いてきたそのベテランさんや後任のMt氏(日本人)は、その数ヵ月後、退職金ももらえずに解雇されることになるのですが…
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM