本社競売 嫁の実家が落札

  • 2013.10.28 Monday
  • 18:46
個人的理由のため、しばらく更新していません。また、これからしばらく(約2週間)更新できないかも知れません。お許しください。

S技研はこの後も、赤字を垂れ流しながら(?)存在し続けます。この記事を書いている時点でも存在しているようです。(いまだに、解雇した従業員に約束の退職金を支払ったという話は聞きません。)

さて、北朝鮮の朝鮮総連本部の再競売され、モンゴルのペーパーカンパニーが落札しました。

競売では本来債務者は落札できません。なぜなら、債務者が落札すると、本来の債務以下の資金で、債務をチャラにしてしまうという結果になる可能性があるかららしいです。また、第三者の名義を借りて、実質上、債務者が落札することも禁止されています。だから、このモンゴルの会社に資金提供をしているのが朝鮮総連系の者である場合、このモンゴルの会社に対する売却が許可されない可能性があります。

S技研についても、同じような状況が状況が発生しました。

銀行やら証券会社から借りたお金が返済できなくなったのです(そもそも融資の発端は、粉飾決算の上、株式公開を偽装して金融機関から融資を受けたので、単なる債務不履行ではなく、詐欺の可能性すらあるのではないかと、僕なんかは思ってしまうのですが…)。

http://boyakigoto.jugem.jp/manage/?mode=write&eid=37

とにかく、融資の返済が滞り、その債権は整理回収銀行に買い取られ、S技研の本社、土地・建物が競売されることになりました。落札したのは、社長S.t氏の奥様の実家、K氏でした。

http://boyakigoto.jugem.jp/manage/?mode=write&eid=33

S技研は本社社屋をK氏から賃借(?)して、何事もなかったように営業を続けています。そういえば、S.t氏がK氏に資金を提供して、K氏の名前で入札させたのではないか…という噂もありました。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM