Aマシナリー設立の経緯

  • 2014.01.30 Thursday
  • 00:00
JUGEMテーマ:在日特権
 

今回は、S技研の電子器機関係についての記事です。

Aマシナリーとは、S技研から独立した会社ですが、S.y商事や、S.kテクノロジーとは独立の経緯が違います。


以前の記事はこちら→ 
http://boyakigoto.jugem.jp/?eid=43


               http://boyakigoto.jugem.jp/?eid=44


機械というものは一度納入したら「それでお終い」とはならないことが多い。

機械は10年、20年、30年と使い続けるものなので、当然その間メンテナンスが必要となる。

お客様の社内でもメンテナンス体制を取りますが、メーカーに頼らなければならない場面も多い。

特に、交換部品は、メーカーがちゃんと供給してくれないと、機械が動かない。

繁忙期にソフトや機械が動かないと、納期遅れや機会利益の喪失など、経営上多大な損害に直結する。

 

http://boyakigoto.jugem.jp/?eid=10


ある有力企業(X社とします)が、S技研の機械(電子機器C)を導入した。

その当時、競合他社に比べて、最先端の材料を使って製作されており、

使用上多大のメリットもあるということで導入を決定した。

普通は、一度導入すると、ユーザーとメーカーは10年、20年のお付き合いになるのだが、

X社の場合、いざ機械は購入したものの、S技研の顧客対応に納得できなかった。

そこで、S技研とかけあって、金を出してS技研の従業員に、別会社(Aマシナリー)を設立させた。




 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM