子供の頃 世情不穏

  • 2013.06.15 Saturday
  • 19:23
 僕は昭和20年代、中ごろの生まれ。小学校入学したころは、同級生に朴君とか居た。半年も経たないうちに朝鮮に帰って行った。「南」か「北」か、当時の僕には理解できなかった。

確か近所に「朝鮮人学校」があった。市の公園内の建物にあった。どういう人々が学んでいたのかよくわからないが、いつのまにか無くなっていた。その建物は、その後、しばらく市立病院として利用されていた。

近所にも、朝鮮人が住んでいた。小学1年生か2先生の頃、あるとき、そこの子とちょっとしたことで喧嘩になり、お互いに手を出して、その子が泣いて帰った。夕方に、その子の両親が僕の家にえらい剣幕で怒鳴り込んで来た。両親の前で、僕はその子に謝らされた。

何が原因で喧嘩になったのか、今では忘れてしまったが、子供心に、「僕は悪くないのに謝らなければならない」と悔しい思いをしたのは鮮明に覚えている。

小学・中学を通じて「朝鮮人」と直接関わったのは、思い出す限り、これだけです。でも、ラジオのニュースでは、連日、「ボク」だとか「キョン」だとか朝鮮人の犯罪がいっぱい報道されていた。「また朝鮮人が悪いことをした」と皆が言っていた。でも、今から思えば、小学低学年を過ぎるころから、そんな印象が残っていない。世の中が落ち着いてきたのか、朝鮮人が帰国して減ったのか、通名で報道するようになって、朝鮮人の犯罪が目立たなくなったのか…

あ、そうそう。小学校の高学年のときに、クラスメイトで一人いたなぁ。体格はそれほどでもないが、喧嘩の強い(声が大きい)やつ。野球(ソフトボール)とかの時間になると、「俺が決めてやる」と言い放って、クラスメートをバットで指して、「お前が2番」「お前が3番」と、仕切るやつ。そして1番は常に自分。なんであの時、先生やクラスメートの誰も文句言わなかったのかなぁ?今から思えば、「微妙な」人間関係だったのかな?
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM